2019年12月13日
丸の内ピカデリーでの舞台挨拶実施決定!

大ヒットを記念して、丸の内ピカデリーでの舞台挨拶が決定致しました!
この機会にぜひ劇場へ足をお運びください。

【12月22日(日)舞台挨拶】
会場:丸の内ピカデリー
URL:https://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
日時:2019年12月22日(日)
①11:40の回上映終了後
②13:50の回上映終了後
③15:10の回上映開始前
④17:00の回上映開始前

登壇キャスト:片寄涼太(予定・敬称略)
※ゲストは予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

■料金
全席指定料金:2,100円(税込み)
※別途手数料あり
※限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。

■チケット販売方法
【プレリクエスト先行(抽選)】
※事前にローソンチケット無料会員登録が必要となります。
・エントリー期間:12/14(土)10:00~12/16(月)23:59
・当落発表:12/19(木)15:00~
・受付方法:WEB/モバイルにて (PC/モバイル/スマホ) 
≪URL:≫ https://l-tike.com/0kiss1222
・決済方法
WEB予約 →クレジット決済・キャリア決済のみ
・引取方法:店頭引取(全国のローソン・ミニストップ)
・申込枚数制限:お1人様2枚まで
・手数料:605円/1枚(内訳:システム利用料220円、店頭発券手数料110円、先行予約サービス料275円)

【一般発売(先着)】
・受付期間:12/20(金)18:00~
※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
・受付方法
WEB予約 (PC/モバイル/スマホ)  
≪URL:≫https://l-tike.com/0kiss1222
・決済方法:
WEB予約 →クレジット決済のみ
Loppi直接購入 →店頭決済のみ (レジにてクレジットカードも使用可能です。)
丸の内ピカデリー:Lコード 34948
・手数料:
WEB/モバイル→330円/1枚(内訳:システム利用料220円、店頭発券手数料110円)
Loppi直接購入→店頭発券手数料110円/1枚
・枚数制限:2枚まで

≪注意事項≫
・特別興行の為、各種招待券、割引券、前売り券、ムビチケ等はご利用いただけません。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、購入の際ご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承ください。
・運営の都合により、会場への入場やトイレのご利用を制限させていただく場合がございます。
・ランダムで本人確認や身分証の提示をお願いする場合がございます。当日は必ず顔写真付きの身分証明書のご持参をお願いいたします。

≪チケット販売に関するお問合せ≫
ローソンチケットインフォメーション (10:00~20:00) 0570-000-777

 2019年12月13日
『フジテレビコンテンツストア』と『フジテレビ♪フジメロ』にてLINEのトーク画面で使える『LINE背景壁紙』の配信がスタート!

『フジテレビコンテンツストア』と『フジテレビ♪フジメロ』にてLINEのトーク画面で使える『LINE背景壁紙』の配信がスタート!
さらに!片寄涼太さん&橋本環奈さん演じる、『綾瀬楓&日奈々』のオリジナルキャスト壁紙も配信中♪

詳細はこちらをチェック♪
フジテレビコンテンツストア⇒http://v.sp2.fujitv.co.jp/redirect.cgi?reid=943
フジテレビ♪フジメロ⇒http://m.sp2.fujitv.co.jp/redirect.cgi?reid=514

 2019年12月12日
12/13(金)より、ユナイテッドシネマコラボキャンペーンが決定!!

現在実施中の「0kiss フォトラリー」にて6つのGIF動画を集めていただいた方へ更に!!
「0kiss オリジナルグッズ」がもらえるチャンス!

【期間】2019年12月13日(金)~2020年1月26日(日)※プレゼントがなくなり次第終了

【場所】アーバンドック ららぽーと豊洲(ユナイテッド・シネマ豊洲)、
ダイバーシティ東京 プラザ

【参加条件】
①お台場エリア「0kiss フォトラリー」の6つのGIF動画のコンプリート画面
②映画「午前0時、キスしに来てよ」のチケット半券
(ユナイテッド・シネマ豊洲、または、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場でキャンペーン期間中に鑑賞いただいたチケットのみ有効)

→①と②をご提示で…
≪オリジナル缶バッチ型ミラー≫または≪ポストカード≫をプレゼント!
※受取場所により、プレゼントが異なります

【受取場所】
≪オリジナル缶バッチ型ミラー≫
※ユナイテッド・シネマ豊洲でのキャンペーン期間中の映画鑑賞チケット半券が必要です
アーバンドック ららぽーと豊洲(サウスポート3F ユナイテッド・シネマ豊洲 スクリーン入口)

≪ポストカード≫ 
※ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でのキャンペーン期間中の映画鑑賞チケット半券が必要です
ダイバーシティ東京プラザ(3F総合案内所)

※「0kiss フォトラリー」の詳細はこちら!
https://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/0kiss/

 2019年12月11日
“令和”の新時代を担う、リアル・スーパースター!マカオ降臨! 片寄涼太、流暢な英語で「夢の実現への一歩」 アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード受賞に感謝を贈る! 第4回 マカオ国際映画祭登壇!

この度、第3回目を迎える「アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード」の授賞式が日本時間12月10日夜に行われ、本作に出演中の片寄涼太さんがアジアのスター俳優たちと共に日本からの国際派若手俳優として、記者会見で流暢な英語でのスピーチを披露し、レッドカーペットと授賞式に参加!!日本人として今年度唯一受賞、日本人男性としては初の快挙。ホヤッホヤのお写真と共にコメントが現地から到着しました!

————
◆アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード(Star Asia UpNext)とは?◆
「アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード」は、「マカオ国際映画祭」とアメリカの代表的なエンターテイメントメディアである「Variety」の主催で開催される授賞式である。第2回マカオ国際映画祭より新設された賞であり、今年で3回目を迎える。同賞は、現在世界で最も有望な次世代スターにスポットライトを当てている。同賞設立3年目であるが、受賞した俳優は国際的に活躍している注目株ばかりであり、注目度がさらに高まっている。そんなアカデミー賞にも劣らない盛り上がりを見せる本賞で、「アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード」として日本人男性が受賞するのは片寄涼太さんが史上初。
————

【アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード記者会見、レッドカーペット&授賞式の様子】
マカオ国際空港の到着ゲートから姿を見せるや否や、空港に集まったファンの悲鳴のような大きな歓声に包まれ、片寄さんもその熱烈歓迎ぶりに驚いた様子。

翌日10日12時(現地時間)、きらびやかなマカオの町で行われたマカオ国際映画祭にて、米Varietyが期待するアジアの次世代スター8人に贈られる「アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード」の記者会見が開かれ、沢山のプレスが会場に集まりました。記者会見には、日本人として今年度唯一受賞した片寄涼太さんをはじめ、BNK48に所属しているタイ出身のプレーワー・スタムポンとジェニス・オープラサート、『コンフィデンシャル/共助』(18)や『EXIT』(19)に出演している韓国出身のユナ(少女時代)、第31回東京国際映画祭で東京ジェムストーン賞に輝いたベトナム出身のリエン・ビン・ファット、今年のマカオ国際映画祭で上映された『Homecoming(英題)』に出演しているインドネシア出身のアスマラ・アビゲイル。さらにNetflix作品のキャストから、『A Second Chance』に出演しているフィリピンの女優ベア・アロンソ、『慕情のアンソロジー』に出演しているインドの女優ブミ・ベドニカルも出席しました。『午前0時、キスしに来てよ』の国民的スーパースター綾瀬楓のごとく、光り輝くリアル・スーパースター片寄涼太さんに、記者会見に集まったプレスからはフラッシュの嵐。そんな興奮気味の雰囲気の中、艶やかなブルーの衣装で参加した片寄さんは英語で「映画祭とバラエティー誌に選んで頂き感謝します。また、スタッフ、家族、そしてファンにお礼を言いたいです。皆さんのサポートのおかげで受賞することができました。私の夢はエンターテイメントの世界でアジアと日本の架け橋になることです。この賞を頂き、私のキャリアにとっても一つの節目となるとともに、夢の実現への一歩となると思います。ありがとうございます。」と力強くスピーチし、大きな拍手を浴びました。

10日夜、片寄さんは黒のタキシードで「これからレッドカーペット歩きますー!」とにこやかにコメントし、カーペットイン。ファンとプレスに「涼太ー!涼太ー!」と呼び止められながら、片寄さんは笑顔で対応し沢山のプレスカメラの前で堂々とポーズを決めました。「『午前0時、キスしに来てよ』はどんな映画ですか?」という記者からの質問に対し、片寄さんは「この映画は、王子様との恋愛にあこがれている夢見がちな女子高生の現代のシンデレラ物語です。私は、国民的スーパースター綾瀬楓を演じています。」と答えると「そのあなたがスーパースターでしょ?」と言われ、片寄さんは「YES!」とはにかみながら答えます。

ランウェイ後、片寄さんは「凄く賑やか!」と興奮気味にコメントし大盛況の中でレッドカーペットイベントは幕を閉じました。その後、日本人唯一の参加となった本授賞式は、とても暖かい雰囲気に包まれながら終了。

バラエティ・アジア責任者のパトリック・フラター氏は、受賞の理由について「我々は輝かしい経歴を持ち、世界にも通用する若き才能の持ち主を探していた。片寄涼太氏は日本ではすでに有名であるが、世界ではまだその名は広く知れ渡っていない。しかし彼には優れた才能と力、そしてそれらを世界に向けて発信していこうとする気持ちがある。」と話し、大絶賛!まさにマカオでは“片寄”フィーバー中!

 2019年12月10日
福岡での公開記念舞台挨拶実施決定!

全国公開を記念して、福岡での舞台挨拶が決定致しました!
この機会にぜひ劇場へ足をお運びください。

≪【福岡】舞台挨拶≫

■日程:12月16日(月) 
▼会場:ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 <Lコード:83442>
時間:14:20の回上映後舞台挨拶
登壇者:片寄涼太(予定・敬称略)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
料金(税込):2,100円 ※ 別途手数料あり

▼会場:T・ジョイ博多 <Lコード:83474>
時間:18:30の回上映前舞台挨拶
登壇者:片寄涼太(予定・敬称略)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
料金(税込):2,100円 ※ 別途手数料あり

≪発売情報≫
【一般発売(先着)】
・受付期間:12/12(木)18:00~ ※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
・受付方法:
WEB予約 ≪URL:https://l-tike.com/0kiss1216 ≫(PC/モバイル/スマホ)
Loppi直接購入(ローソン・ミニストップ店内設置/Lコード入力にて購入)
・決済方法:
WEB予約→クレジット決済/キャリア決済
Loppi直接購入 →店頭決済のみ (レジにてクレジットカードも使用可能です。)
・枚数制限:2枚まで
・手数料:
WEB/モバイル→330円/1枚(内訳:システム利用料220円、店頭発券手数料110円)
Loppi直接購入→店頭発券手数料110円/1枚

≪注意事項≫
・いかなる場合においてもイベント中の途中入場はお断りさせて頂きますので、ご了承ください。
・全国共通鑑賞券他前売り券はご利用いただけません。
・特別興行の為、各種招待券、割引券、サービスデー料金はご利用いただけません。
・お席はお選びいただけません。
・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、購入の際ご確認ください。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
・いかなる事情が生じましても、ご購入後のチケットの変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。
・当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承ください。
・会場内ではマスコミ各社の取材による撮影、弊社記録撮影が行われ、テレビ・雑誌・ホームページ等にて、放映・掲載される場合がございます。
・イベントの模様が後日 販売されるDVD商品等に収録される場合があります。あらかじめご了承ください。
・お客様のこの催事における個人情報(肖像権)は、このイベントに入場されたことにより、上記に使用されるということにご同意頂けたものとさせて頂きます。

≪チケット販売に関するお問合せ≫
ローソンチケットインフォメーション (10:00~20:00) 0570-000-777

 2019年12月9日
息ぴったり兄妹漫才風に登場?! 片寄涼太&橋本環奈 「ふたり合わせて”よせかん”でーす!」 原作・みきもと凜からのサプライズにも大興奮!

公開を記念して、片寄の地元である大阪にて舞台挨拶&全国の劇場にてライブビューイングを開催!舞台挨拶にはW主演の片寄涼太さん、橋本環奈さんが登壇しました。

舞台上にはスタンドマイクが中央に置かれており、「片寄でーす!」「環奈でーす!」「ふたり合わせて」「“よせかん”です!!」と漫才風に元気よく片寄さんと橋本さんが登場し挨拶すると、会場は冒頭から大爆笑、大盛り上がり!

撮影現場でも「掛け合いが兄妹漫才のよう」「(ふたりとも)笑いに貪欲」と言われていたこともあり、先日の先行上映舞台挨拶後の打ち上げでスタッフたちから提案され実現したとのこと。片寄さんは「無事にライブが終わりまして。(会場から)飛んできましたよ!」と切り出すと、橋本さんも「これこそスーパースターなんだな!って思いました!」と息ぴったり。片寄さんが「みなさんに会いに来たよ」と話すと、会場からは黄色い悲鳴が起こりました。

12/6に公開した本作。映画が公開してみての率直な気持ちを、大阪出身ということで関西弁で求められた片寄さんは「めちゃくちゃ嬉しいです。ライブがあったことで、地元である大阪で舞台挨拶ができて、特別な気持ちを感じています」と、関西弁のイントネーションで語りましたた。続いて、橋本さんも同様にいまの気持ちを問われると「めちゃくちゃ嬉しいです!」とこちらも関西弁で回答!さらに「(片寄さんが)京セラドームからまさか間に合うと思っていなかったんです。道が渋滞していて、車の中で着替えられたそうなんです。それでもこんなに爽やかな笑顔で王子が舞い降りてきたのですごいなと思います」と片寄さんを称えました。

本日は、GENERATIONS from EXILE TRIBEのライブツアー大阪公演の最終日ということもあり、ライブ会場から駆け付けた片寄さん。直前までインスタライブで配信していた通り、ギリギリ間に合い登壇直前に走って駆け付けました。まさに役柄と同じくスーパースター!そんなスーパースターを演じる上で、どんなことを意識していたかという質問に片寄さんは「ありのままでいこうかなと思いました」と答えると、会場からは歓声が。それを受けて橋本さんが「いやいやいやツッこんで!ツッこんで!」とここでも兄妹漫才のような掛け合いを見せます。
続けて「監督とも色々話し合いながらやらせてもらって、お芝居自体もやりすぎずにとにかく自然に自然にやってくれと言われていたので、それを意識しました。それと、いままでGENERATIONSとして活動してきた時間、個人としてお芝居に挑戦させていただく時間などすべての時間が、楓という役の役作りになって感慨深い役になりました」と熱く語りました。

また、橋本さんは「普通の女子高生」役を演じてみてどうだったかという質問に対して「日奈々と似ている部分があまり無くて、お芝居していて新鮮だなと思う気持ちが大きかったです。日奈々のとにかくピュアで、綾瀬さんの言動にあたふたしながらもついていこうとする健気さが好きですが、スーパースターとの恋だからこそ、観ている人が日奈々のキャラクターを嫌いにならないようにお芝居したいなと思っていました」と胸の内を語りました。

また、劇中で片寄さん演じる綾瀬楓が「見ただけでヒップサイズを当てることができるほど、おしりが大好きなおしり星人」という役どころから、お二人は何星人か?という問いに対して、片寄さんは「僕は”からあげ星”から来てます!からあげ大好きですね。僕のなかではド直球な食べ物です」と話すと会場も皆納得の様子。続いて橋本さんは「”そうじ星人”ですかね」と答えると、「噂で聞いたところによると、すっごいですよ。使っていないお皿を洗いたくなるそうですよ」と片寄さんがカットイン。「そうですね、洗いたくなります。ほこりがかぶってなくても、洗ってピカッとする感じが好きです。あとおうちや楽屋も物がぴしーっと並んでいないと嫌なんです」と、そうじと整頓に対して熱弁。

国民的スーパースターと普通の女子高生の、奇跡のような運命の恋を描いた本作。同様に今までの人生のなかで「これは運命だ!」と感じた出会いについて、橋本さんは「インスタグラムをやってくれているマネージャーが人生の中で運命の出会いでした。本当に家族みたいな感じで、実際一緒に3年間くらい暮らしていましたし、海外や地方の現場にも来てくれて、仕事もプライベートも基本24時間一緒でなんでもわかる仲みたいになっています」と自身のマネージャーとの出会いについて熱く話し、片寄さんは「楓という役にこのタイミングで出会えたことも運命だなと思っています。すごく今の自分のタイミングで出会えてよかったなと思います」と本作の役と出会えた喜びについて語りました。

最後にサプライズで、本作の原作を描いている、みきもと凜から片寄さん・橋本さん宛にメッセージと描き下ろしのイラストが届き、舞台上で初披露。このイラストに対し、片寄さんと橋本さんは「うわー!すごい!!」「めちゃめちゃ嬉しい!!」と大興奮。繊細なイラストに会場からもどよめきが起こりました。橋本さん宛のメッセージは「とびっきりキュートな日奈々をありがとうございました」、片寄さん宛のメッセージは「寄さんのおかげで、もっと楓が好きになりました、ありがとうございます」と描かれていました。このサプライズに橋本さんは「本当に嬉しいです。まさかこんなふうにサプライズを用意していただけると思っていなくて。元々みきもと先生の作品も絵も大好きで、まさか自分を描いていただけるなんて…。みきもと先生ありがとうございます!」と興奮しながら語り、片寄さんも「めちゃくちゃ嬉しいです!こんな絵を描いていただいたことが今まで無いので、すごく嬉しいです。宝物にしたいなと思います」と熱をもって話しました。

改めて最後に、橋本さんは「会場にお越しのみなさん、ライブビューイングを観ているみなさん、来ていただいてありがとうございます。本当にこの劇場に来ていただいている方だけでなく、全国の劇場に足を運んでいただけていることが嬉しいですし、作品がこれだけ愛されていて有難いなと思うと同時に、映画を撮っていた時の自分にも(この状況を)教えてあげたいなと思いました。映画を撮ってるときは、どういう反応をしてもらえるんだろうと思うことがあるので、こうして公開して生の声を聞くことができてすごく嬉しいです。観てよかったら、ぜひ広めてほしいですし、2度3度と劇場に足を運んでもらえると嬉しいです」と挨拶。

片寄さんは「今日はありがとうございました。ライブビューイングでも全国で同じ時間を共有することができて、とてもとても嬉しかったです。この映画はスーパースターと女子高生の恋で、いままでこんな映画観たことが無い題材だろうなと思いますし、芸能界の裏側を覗ける作品だとも思います。心あたたまるラブストーリーだと思うので、いろんな世代の方にも観てもらいたいです。」と話しました。

ここで終了になるかと思いきや、MCから「実は環奈さんは、片寄さんの地元・大阪をお一人で舞台挨拶回っていたんですよね」と振ると「あっ!ありがとうございました!」と片寄さんは恐縮しきり。続けてMCが「次は環奈さんの地元・福岡に行ってみるとかどうですか?」と話すと橋本さんが「福岡もライブありますよね…?!」と言うと、片寄さんと橋本さんふたりで「福岡で…舞台挨拶が…ある…かも…?」と最後まで息ぴったりの様子を見せ、舞台挨拶は幕を閉じました。

 2019年12月6日
劇場オリジナルグッズ販売のお知らせ

本作の公開を記念して、劇場オリジナルグッズの発売が決定しました!

全国の上映劇場(一部劇場・商品を除く)とフジテレビショップにて12月6日(金)より販売予定です。
ご鑑賞の記念にぜひ、お買い求め下さい!

<商品一覧>

①クリアしおりセット:600円
②ポストカードブック:900円
③ヘアゴムセット:900円
④ミニタオル:800円
⑤クリアファイルセット:660円
⑥劇中使用 ペンダント:1,500円
⑦ICカードステッカーセット:800円
⑧クリアファイル3枚セット:各1,000円
 (ポスター編A)
 (ポスター編B)
 (ポスター編C)
⑨クリアポスターセット:1,000円
⑩チケットホルダー:600円
⑪コンパクトミラー:1,600円
⑫お尻ポーチ:1,300円
⑬タッセルキーホルダー:1,000円
⑭チャーム付きシャープペン:660円
⑮パスケース:1,300円
⑯台本デザインノート:660円

※表示価格は全て10%税込です。
※在庫には限りがございます。無くなり次第終了となりますので予めご了承下さい。

【発売日・販売場所】
12月6日(金)より

■全国の上映劇場(一部劇場を除く)
※詳細は各劇場へお問い合わせください。

■フジテレビ関連ショップ
フジテレビe!ショップ限定商品も発売中
フジテレビe!ショップ
フジテレビショップ フジさん
フジテレビショップ フジさん 東京駅店
テレビ局公式ショップ ~ツリー ビレッジ~

■映画・アニメグッズショップ「Froovie/フルービー」(当日12/6 AM10時発売開始予定)
※購入希望の方でキャリアメールをお使いの場合、予めfroovie.jpのドメイン解除をお願いいたします。

【グッズに関するお問い合わせ】
①~④番の商品
松竹株式会社
〒104-8422 東京都中央区築地4-1-1
TEL:03-5550-1879 (祝日を除く月~金10時~12時/14時~17時)
※お電話でのご注文は承っておりません。

⑤~⑯番の商品
各店舗及び劇場ににお問合せ下さい。

 2019年12月6日
オリジナル壁紙を配信中!

『フジテレビコンテンツストア』と『フジテレビ♪フジメロ』では、片寄涼太さん演じる綾瀬楓と、橋本環奈さん演じる日奈々のオリジナル壁紙を配信中♪

ポーズや表情の違う壁紙が盛り沢山!
全ての壁紙がお得にGETできるパック販売もスタート!

詳細はこちら!

コンテンツストア⇒http://v.sp2.fujitv.co.jp/redirect.cgi?reid=943
フジメロ⇒http://m.sp2.fujitv.co.jp/redirect.cgi?reid=514

 2019年12月6日
セガのお店で0キスオリジナルリップシールがもらえる!

12月6日(金)より、全国のセガのお店(一部店舗除く)にて、500円をUFOキャッチャーに入れるともれなく先着で、0キスオリジナルリップシールをプレゼント!

11月29日(金)から全国のセガのお店(一部店舗除く)に登場している『だきまクマ』のUFOキャッチャーに挑戦して、『だきまクマ』も『0キスオリジナルリップシール』もゲットしちゃおう!

★詳細はこちらから:https://tempo.sega.jp/

 2019年12月5日
ポスターのキスマークは片寄涼太のものだった!? 橋本環奈もオススメの”マスク越しのキス”とは!? 登壇者たちが語る本作の”キスシーン”のヒミツ

いよいよ公開が目前に迫ったこの日、先行上映が開催され、舞台挨拶にはW主演の片寄涼太さん、橋本環奈さんをはじめ、眞栄田郷敦さん、遠藤憲一さん、新城毅彦監督が登壇しました。

いよいよ公開を目前に控え、登壇者たちは「今日は先行上映ということで、いち早くみなさんに映画をお届けできて嬉しいです」(片寄さん)、「公開は2日後なんですが、いち早くご覧いただいたみなさんには、ぜひたくさんの人に広めていただければなと思います」(橋本さん)とこの日を迎えられた喜びを語りました。
この日「上海の方が多いね!ナイスムービー?センキュー!」と遠藤さんがあいさつすると客席からは歓声が!海を越えて、ファンが集まるイベントとなりました。

本作で国民的スーパースター・綾瀬楓を演じる片寄さんは「とても恐縮でした」と笑うが、「自分がGENERATIONS from EXILE TRIBEとして歩んできた時間とか、グループを飛び出して俳優として活躍してきた時間、そのすべてが役作りにつながる役でした。もし他の方が楓役を演じると知ったら、少し嫉妬してしまうくらい、とても思い入れのある役です」と熱い思いを語りました。

橋本さんは、自身が演じる日奈々について「ピュアだからこそ綾瀬さんの言動や行動に一喜一憂する姿が、恋をしている女の子という感じですごくかわいいんです」と語り、そんな日奈々を演じるにあたっては「表情を意識してコロコロ変えたり、自分の感情を隠しきれないタイプの女の子だということを意識しながら演じましたね」と語りました。

スーパースターらしいお忍びルックのまま、白昼堂々と魅せる”マスク越しのキス”や、鼻をかじる”鼻かじキス”など様々な印象的なキスシーンが出てくる本作。

新城監督はなかでも“マスク越しのキス”シーンは史上最高にいいシーンが撮れたと、自信をのぞかせます。「若い子たちに向けた映画を撮ることが多いので、これまでたくさんのキスシーンを撮ってきたんですが、このシチュエーションは初めてで、場所も天気も恵まれて通行人の存在も感じながらマスクでするって…すごくよかった」と思わず本音をこぼし、片寄さんも「ありがとうございます!」と喜びの様子。「撮影が終わってからすぐに監督に『このシーン見たか?絶対に見た方がいいぞ』と言われて、それまでチェックってあまりしてなかったんですけど、このシーンは見せていただいたくらい、推していただいていて」と当時の監督の様子を語りました。橋本さんも「新鮮でしたよね。今回のシーンは芸能人の変装のマスクでしたけど、みなさんは風邪をひいた人とお試し下さい!」と勧めていました。

続いて紹介されたのは、日奈々を密かに思い続ける幼なじみ”あーちゃん”こと浜辺彰を演じた眞栄田郷敦さんが日奈々を後ろから抱きしめる”バックハグ”シーン。スーパースターと恋をするがゆえに押し寄せる様々な困難にぶつかる日奈々を心配し、思わず「もうやめろよ、あんな奴」と後ろから抱きしめるシーンに、橋本さんも「家と屋上と2回、バックハグのシーンがあるんですけど、どっちのシーンもすごく自然というか…あーちゃんの感情の流れでそうなっていくんですけど、見ていてもドキッとするシーンになったんじゃないかなと思います」と絶賛。眞栄田さんは「バックハグは、気づいたら抱きしめていたという感じで…もちろん役として」と照れ笑い。そんな眞栄田さんの様子に会場からも温かな笑いが起こりました。

楓のマネージャー”しげちゃん”こと高橋茂雄役を演じた遠藤さんは、「マネージャーどうこうというより、まず『午前0時、キスしに来てよ』というタイトルの映画にこの顔が出ていいのかなと最初に思ったのと、今マスクの話が出たでしょ?俺、大体若い時にマスクする時は銀行強盗の役だったから、とにかくすべてが羨ましかった」とエンケン節炸裂!
さらに「こんなときめく作品に出していただけて、最初で最後かもしれないし、こうやって皆さんとお会いするのも最後かもしれない…」と登壇者たちに寂しげに語りかけ、思わず片寄さんも「そんな寂しいムードを出さないでください!(笑)」とツッコミをいれ、終始和やかな様子。

撮影当初、台本では「鼻にキス」となっていた”鼻かじキス”シーンは、橋本さんにだけ本番で”鼻かじ”をすることを秘密にしていたそう。「このシーンは漫画では鼻をかじっているシーンなので、実写でもできるか挑戦してみようと監督やプロデューサーとお話しをしていたんです」と片寄さんが当時の様子を明かすと、橋本さんも「今考えると怪しかったなと思います!」と振り返ります。

さらに「撮影中、基本は片寄さんは現場にいるんですけど、監督のブースに行ってプロデューサーを含め打ち合わせをしていて。話に時間がかかってるので、演出プランを練るのに時間がかかっているのかなって思ってました。現場が始まったら突然鼻をかじられました(笑)」と語り、「きゅんというより、『え、かじった?』という感じなんです」と素のリアクションが出てしまったことを明かしました。しかし、そんなサプライズから引き出されたリアクションに監督も「素晴らしいリアクションでした」と絶賛。客席からも拍手が起こりました。

そして今回、『午前0時、キスしに来てよ』のタイトルにちなみ、登壇者たちの”キスマーク”が披露!

「初めてリップを塗ってもらって紙をぴたってしてもらって…僕はこういう感じでした」と目をつむり、くちびるの型を取った状況を再現した眞栄田さんに、会場からも思わず「かわいい…」と感嘆の声が。

画面上にうつるキスマークが、それぞれ眞栄田さん、橋本さん、遠藤さんのものであることが明かされると、ここで片寄さんの分のキスマークがないことが判明。なんと、観客に配られたキスマークのカードが片寄さんのキスマークであることが明かされました!さらに、「これ実は、ポスターにも使われています」と片寄さんから衝撃の事実が明かされ会場は騒然。「今日は僕のキスマークで丸の内を染めました(笑)」と片寄さんのコメントに、思わず遠藤さんも「Oh,yeah…」と外国人ばりのコメント。会場が笑いに包まれる一幕もありました。

橋本さんは「本当に今日はありがとうございました。『0キス』、少しでも良かったよって思った方はぜひたくさんの人に広めていただけたらなと思いますし、ぜひきゅんきゅんしていただけたらなと思います」、片寄さんは「憧れの芸能人と恋をするっていうのは男性も女性も、憧れたことがあると思うんですけど、そんな夢の世界が現実になった物語が『0キス』です。たくさんの方にそんな夢のような物語を味わっていただきたいですし、12月6日の公開後もいろんな人と観に来ていただければなと思います」と語ると、最後に「キスシーンやきゅんとするシーンもたくさんありますし、それ以外にも親子だったり、マネージャーとの熱い話だったり、いろんな見方ができるかと思いますので、どうかいろんな人にそれを伝えていただければと思います」と締め、舞台挨拶は幕を閉じました。

新着記事